ブログ一覧

サイトをリニューアルオープンしました


平素は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。

この度、公式Webサイトをリニューアル致しました。

今回のリニューアルでは、より情報がわかりやすく、
親しみやすいサイトを目標に作成いたしました。


お客さまに喜んでいただける更なるサービスの充実を図るとともに、
当サイトの情報発信にも努めてまいりますので
今後とも、ご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

2020年10月06日

展示会に出展しました!@関西ものづくりワールド(10/7~9)

記念すべき、一度目(リニューアルのお知らせ除く)のブログ投稿です・・・!

不定期にはなりますが、これから少しずつ更新頑張ります!

 

 

先週10/7・8・9と、

インテックス大阪で開催された「関西ものづくりワールド」の機械要素技術展に参加してきました!

 

 

 

 

 

 

 

出展を辞退されている企業さんもあれば、

コロナの影響でパンフレットと名刺BOXのみの無人ブースも。

 

 

人通りも少なく、なかなか来場者の方とお話に至れないのではと不安でしたが、

日頃お付き合いさせていただいている企業様も色々声をかけてくださり、

スタッフ一同、たくさんの元気をいただきました。

 

今回はコロナの影響で出展社数・来場者数ともに、去年の40%ほどだったらしいです。

逆境に負けず、これからも頑張っていきたいと思います!

 

 

 

 

 

2020年10月16日

就労満足度調査を実施しました

今月、年に一度の社内就労満足度調査がありました。

6年前と比較すると全体的に満足度は上がっていますね。


部門間の連携や労働時間などについては、 社内で工程管理システムを導入したり

仕事の振り分けを見直しやすい仕組みを作ったり、

今、社内で力を入れている部分です。

 

 

こうして目に見えると、少しずつでも進んでいけてる実感が湧きますね^^

こんな時期だからこそ、確実に、前向きに、

みんなで"家族に誇れる職場づくり"に向けて取り組んでいけたらと思います。

 

 

 

✐トキトウ

2020年10月23日

竣工式を執り行いました

竣工式の風景です。

 

 

本社の隣接地が空いたので、当社にお声がかかりました。

これも何かのご縁と思い、覚悟を決めて土地を入手。

このたび社屋建設の運びとなりました。

 

 

一階はステンレスとアルミを中心とした溶接工場。上階は研修センターとして利用します。

土地の氏神様にご挨拶をして、みんなで工事の無事を祈ります。

 

 

地域のため、お客様のため、社員と家族の未来のため。

コロナ禍の大変な時期での決断になりましたが、混迷の中で必要なのは明確な指針であると考えました。

新社屋建設という共通のビジョンを通じて、明るい未来を描いてまいります。

2020年12月04日

新社屋建設中🎵

前回の記事にも書きましたが、近々、本社横に新しく工場が建ちます!!


建物ができていくところを毎日間近で見れるのは
なかなか貴重な体験。

 


完成は4月の予定。
春が来るのが楽しみです(^^♪

 

 

 

 

✐トキトウ

2021年01月28日

基礎

基礎杭の工事をしています。

 


狭い敷地に背の高い社屋を建てるため、大掛かりな基礎工事になりました。


杭の長さはなんと20メートル!これが9本も入ります。


建物が12メートル強ですから合わせると30メートル以上になります。


シロナガスクジラを埋めたとしたら、腕(ヒレ?)から上が地面の上に出ているような感じでしょうか。

(わかりにくい例え...というかシロナガスクジラでかいですね!)

 


会社の成長発展は基礎あってのものだと思うのです。せめて基礎だけでも立派でありたいと願う次第です。(代表)

2021年02月05日

プロの魂

高所作業を専門とする職人さんが高い梁の上をスイスイ歩いています。

 


年齢はまだ30代半ばに見えますが、プロとしての自信と誇りが全身から伝わってきます。

 

鉄骨の組立はAIやIT全盛のいまも職人の勘と手仕事の世界です。

 

「シノ」と呼ばれる専用のレンチを使って、

地上で操作するクレーンから渡された巨大な鋼材を、的確に相手方の穴に誘導し組み上げていきます。

 

あまりにも見事な仕事ぶりです。

 


プロの魂の詰まった鉄骨造りの社屋。未来に向けて大事に活用していきます。(代表)

2021年02月24日

健康経営優良法人2021

このたび経済産業省より「健康経営優良法人(2021)」認定をいただきました。

 


昨年度の大阪府「健康経営」2019年度《奨励賞》授賞に続き、

長年の地道な取り組みが世のなかから認知されてきた気がします。

“家族に誇れる職場づくり”実践のひとコマです。
「健康経営」の取り組みを通じて、スタッフひとりひとりが日常生活を見直していきます。

 

他人から与えられたものではない、「自分ごと」に向き合うことで自己認識が変わっていきます。

自分に対する正確な評価を獲得したとき、人は他人を正しく認知できるように感じます。

そのためのはじめの一歩を、私たちは「健康経営」に学びました。皆さまもぜひチャレンジしてみてください。

 


 かくいう当社も20年前は、作業中の咥えタバコは当たり前、

朝から大酒を食らって出社してくるスタッフが活躍する職場でした。

それはそれで味わい深い一面ではありましたが、

ものづくり企業としては顧客満足にほど遠い、問題だらけの職場でありました。


 スタッフひとりひとりが自分のことを大切に思うこと。

それが実現できてはじめて、他人への「思いやり」が生まれます。

あてにし、あてにされる関係づくりです。

 

仕事仲間や職場を大切にする企業文化が育ってくると、

自然に「お客さま」を大切にし、サプライチェーンの重要な一角を担う責任感が芽生えます。

 

 真の顧客満足の追求のために、引き続きひとりひとりのスタッフとともに切磋琢磨してまいります。

いつも応援ありがとうございます。(代表)

2021年04月02日